クレンジングを見直したら美肌になった?

クレンジングを見直したら美肌になった?

日中メイクして、帰宅してお風呂に入るとまずクレンジング剤でメイクを落とされるのではないでしょうか。
皆さんはクレンジングにはこだわっていますか?
メイクが落ちさえすればよいというやり方ではお肌は乾燥する一方です。クレンジングを見直すとどうして美肌に近づくのでしょうか。

 

クレンジングは洗顔と同じくほとんど毎日している行為です。
もちろんメイク汚れがきちんと落ちなくてはなりませんし、毛穴に詰まった汚れを掻きだす役目もあります。
ですが、強くゴシゴシ擦ってしまうのはお肌を傷めてしまいシワ、シミ、毛穴の黒ずみを招いてしまいます。

 

特に目元の皮膚はとても薄くできているので、アイメイクを落とそうと無理に擦ると色素沈着してしまい、暗い目元となってしまいます。
しっかりアイメイクの方は目元専用クレンジングでベースメイクとは分けてオフされるのが望ましいのです。

 

クレンジング剤自体の洗浄力が高く、一緒に必要な皮脂や脂を落としてしまうこともあるので、オフする力が強力なものは特に優しく擦らない様にしましょう。
逆にファンデーションなどのメイク汚れが完全に落ち切っていない状態もお肌に負担がかかります。美容室の正社員は主婦やパートが篠崎で先にお風呂に浸かってメイクを毛穴から浮かせた状態にしてからクレンジングをするなどの配慮をすると尚よいでしょう。

 

また、クレンジング不要のミネラル系コスメを使っていたらお肌が格段に綺麗になったとの声もあります。
それだけクレンジングで負担がかかっているということなので、たかがクレンジングと侮らないようにしましょう。

 

クレンジングはオイルだけではなく、ジェル状のものも多くあります。
最近ではまつ毛エクステをされている方にオイルフリーのジェルクレンジングが注目されていますが、ジェルクレンジングの正しい使い方はご存知でしょうか?
オイルとは使い心地や特徴が大きく違うので、メリットデメリットを知っておきましょう。

 

まずクレンジングをする際に、チューブからジェルを出してそのままお顔にこすりつけるのはNGです。
必ず手の平で馴染ませてからお顔に伸ばしましょう。これはジェルを温める効果もあるので、毛穴に詰まった汚れを掻きだす役目もしています。

 

殆どのクレンジングジェルはオイルフリー処方となっています。
オイルを含んでいないことで洗い上がりがさっぱりしてヌルヌルしませんし、ニキビなどの肌トラブルも防げます。
ベタつきが苦手、ナチュラルメイクだと言う方はクレンジングジェルがおすすめです。

 

逆に言えばオイルを含んでいないため、メイクを落とす力が弱いのもジェルの特徴です。バッチリメイクの方やマスカラを重ね付けしている方は十分にメイクが落ちないかもしれません。
特にファンデーションがウォータープルーフであったりすると残ってしまう恐れがあるのです。

 

ジェルタイプのメリットはオイル程お肌に負担をかけない点にあるので、肌荒れをしている、デリケート肌の方に人気です。
あまりお肌を擦りたくない、調子が思わしくない時にジェルクレンジングは役立つのではないでしょうか。