副業はOKか?

副業はOKか?

新人の美容師の皆さん、特にまだアシスタントと言うポジションでお店には出るけれどもお客さんに対してカットやパーマなどは出来ないポジションの頃には、給料も安くで大変だ、と言う話は良く聞くものです。こんな給料では生活できない、と落ち込んでしまう事もあるのではないでしょうか。賃貸で契約してみたものの給料から家賃や光熱費を差し引いたらいくらも残らない、と言う事もあるようです。そんなアシスタントたちが副業をしている、と言う話も時々聞きます。関大前の美容室でメンズに人気のカットとパーマと言う所は一般企業のように全体としてのルールがきちんと決まっている所はあまり無いように思います。ですから副業も認めている、あるいは特に申請したりする必要のない美容室も多いのでしょう。本業に差し障りのない程度で副業をしている人も良くいるようです。たとえば在宅で出来るような副業なら、時間も自由であったり通勤する必要もないので本業と両立できる可能性が大きいですね。副業する事を勧める訳ではありませんが、生活に余裕がないというのは実施にとても辛い事だと思うのです。それもアシスタントの時期であればまだまだ仕事と言っても雑用と練習の日々なので仕事が楽しい、と実感できることも少なく、少し仕事以外の事を考えたい、と思う時もあると思われます。そんな時に出かけるだけのお金の余裕がない、というのは悲しい事です。たとえばお休みの日に短期の仕事を一日だけやってみる、というのもある意味気分転換にもなって良いかもしれません。美容師に限った事ではないかもしれませんが、若いうちは十分なお給料がもらえないので生活に苦労している人は多いものです。それは大変な事ではありますが色々な工夫をしてやりくりを楽しむぐらいの気持ちでいた方が良いかもしれません。一日だけのアルバイトをしてみるのも良いかもしれませんし、内職の様な事をしてみるのも良いかもしれません。副業で稼ぐ事と同時に考えたいのが節約でしょう。食費に対する節約と言うのが一番効率が良い、と言いますが、美容師の場合には仕事自体が体力勝負であることも多く、あまりお勧めできる方法ではありませんね。むしろきちんと食べる工夫をする方が良いのではないか、と思われます。ではどんな所で工夫をしたらよいのか、というと例えば服装です。美容師はお店に出る限りはお客さんから見て憧れられるような外見でなくてはならない、と言う事があると思います。服装に関してもちょっとしたトレンドを取り入れたりしておしゃれな演出をするように心がけたいものです。ですがそのためにお金をかける、というのはきりがない話です。古着屋で会ったりフリマ、ネットオークションなどでおしゃれなものを安く手に入れる方法を考えてみるのが良いのではないでしょうか。先輩後輩の関係が良い美容室であれば、先輩方が譲ってくれるような事もあるようです。