海外の反応

海外の反応

かつては文化やファッションと言うのは西洋が中心でした。ですから日本人が金髪や青い目に憧れる時代があった事は理解できますね。ですが最近では日本から発信されるトレンドや日本人ならではのスタイルが「おしゃれ」として受け入れられるようになってきた、と感じます。「かわいい」と言う言葉がファッション界で海外でも使われている事もその一つの現れでしょう。それと同時に日本人ならではの黒髪も「素敵だ」と思ってくれる外国人がとても増えているように思います。ある調査では外国人男性からモテる女性の条件はきれいな黒髪のストレートヘアである、と言われている程です。そのスタイルはまさに日本に古くから伝わる女性の美しさの条件と一致しています。つまりそもそも日本人が持っている魅力が、そのまま海外でも受け入れられている、と言う事になりますね。これは日本人に限らず、本来黒髪であるアジア系の女性全体に言える事になっているようです。このことを考えると、どうして日本人は、これだけ海外からの評価の高い黒髪スタイルを捨ててまで、カラーリングをする人が多いのか、と言う疑問がわいてきますよね。無いものねだりなのかもしれませんが、やはり日本人が元々持っている魅力と言うのは黒髪のストレートヘアなのだ、と言う事を再確認させられますね。日本では今やカラーリングをする事は当たり前となってきました。髪を染める事が許される年齢や立場になって来るとみなカラーリングに一度はチャレンジします。中にはカラーリングを何度も繰り返して楽しむ人もいます。年齢を重ねた人が若々しくあり続けたいためにカラーリングをする事も多いですね。ですがもともと日本人の髪色と言うのは、黒髪です。かつてカラーリングが一般的ではなかった時代には、以下に黒髪を輝かせるか、と言う事が特に女性の中ではオシャレのポイントであったと思うんですね。それがいつのころからか西洋人並みに髪色を明るくすることが魅力的、と言う風潮になってきました。日本人が西洋の文化にかなり憧れていた時代に、ファッションまでも西洋人のまねをする方が美しい、と感じていたからかもしれません。ですがそもそも西洋人の髪色が美しいと思えるのは、青い目の色と良く似合っているからだ、という説も有ります。つまり黒い瞳の日本人が髪色だけを西洋人に真似た所で、それが似合うケースはあまりないのではないか、という意見です。たしかにそれは一理あるかもしれませんね。最近ではカラコンなどで、瞳の色さえも変える事が出来るようになってきましたが、そうまでして西洋人のスタイルに憧れるのは、日本人としては勿体ない気もしますよね。床屋 鶴瀬駅 シェービング カット ヘッドスパ メンズ 安い 人気