髪の毛の成長は睡眠後の3時間が大事

髪の毛の成長は睡眠後の3時間が大事

最近髪の毛に元気がなくなってきたと感じている人は睡眠を見直してみるといいかもしれません。枝毛や切れ毛などの髪の毛のトラブルは髪の毛の成長に問題がある証拠です。そのため髪の毛が成長している睡眠を見直してみると解決する可能性が高いのです。睡眠で大事なことは眠り始めの3時間といわれています。この時間はもっとも成長ホルモンの分泌される時間といわれていて、髪の毛はもちろん肌にとっても重要な時間となっています。よくゴールデンタイムは夜中の10時から2時の間の4時間といわれていますが、夜勤で夜に眠れない人や生活習慣の流れから10時までには眠ることができない人にとってゴールデンタイムはあきらめないといけない時間のようにも感じられます。でも実際には夜に寝ようと昼に寝ようと大事なのは睡眠直後の3時間でこの時間にどれだけ深い眠りにつくことができたのかということが髪の毛にとって重要となるわけです。睡眠直後の3時間を充実したものにするためには寝る前の準備が必要になります。まずは精神的にリラックスしていること。緊張感を持ったまま寝てしまうと浅い眠りになり成長ホルモンの分泌が満足に行われなくなります。寝る前にしっかりと精神を落ち着けておくようにしましょう。次に大事なことは体温の変化です。人間の体は眠くなる時には体温が急激に下がるといわれているため、無理のない睡眠に入るためには体温が自然と下がる状態にしてあげることが大事になります。入浴後2時間程度が理想的といわれているため体温を自然と下げられる状態にして睡眠に入るよう荷してみるといいですよ。髪の毛が一番成長する時間は寝ている間です。肌も同じですが、寝ているときに新陳代謝が行われ髪の毛は新しく作られていきます。美しい髪の毛を手に入れたいと考えたときに一番大事なのは睡眠なんです。睡眠時間と良質な睡眠をとるということが髪の毛の美しさにつながっていきます。ただ寝る時間を長くするだけでは良質な髪の毛の成長にはつながりません。髪の毛を美しく育てるためには新陳代謝に必要となる栄養を普段の食事から摂取していること、新陳代謝の時に栄養を運んでくれる血液の流れがよくなることが大事になります。髪の毛の主成分はたんぱく質のためたんぱく質が必要になります。たんぱく質は体のいたる部分を構成していて、寝ている間の新陳代謝では体のあちこちで消費されています。自分では十分なたんぱく質をとっているつもりでも肌や筋肉などに使われて髪の毛に使う分はほとんど残っていないなんて事もあるわけです。たんぱく質は朝昼晩の3食でしっかりと摂取していくようにしてください。血液の流れはストレスや体温などの影響を受けます。お風呂に入ると血行がよくなりますが体温が高くなるとそれだけ血液の流れもよくなります。またお風呂に入ると副交感神経が刺激されてリラックス状態になり血液の流れがよくなります。寝る前にお風呂に入ることは体温とストレスの両方から考えてみても重要ということになるわけです。良質な髪の毛を育てるために基本となる睡眠には特に気を使っていくようにしてみてください。清澄白河 美容院