聞き出す力

聞き出す力

カウンセリング、美容師になりたいヘアスタイルを伝える、といった事が苦手なお客さんに対して、美容師がどう関わるか、という所でそのお客さんに対して満足のいくヘアスタイルを提供できるかどうか、という事が決まってくると思われます。そもそも言葉が少ない人に対しては、江古田にある美容院の美容師がうまくその少ない言葉数の中でお客さんが言いたい事を汲み取らなくてはいけませんし、的を射た質問をしてきちんと確認する事が必要となってきます。そういう時こそ美容師のカウンセリング力の見せ所、という事になるかもしれませんね。たとえば「すこし短くしてください」とだけ言うお客さんに対して、短いとはどのぐらいか、という事をきちんと聞き出す必要があります。ですが「どのぐらい?」と聞くとお客さんはまた言葉を探さなくてはいけません。そういう時には具体的な長さや数字を美容師の方が提示する事でお客さんが「ハイ」か「いいえ」で応えるだけで済ませる事ができますね。たとえば「肩に付くぐらいで良いですか?」とか「眉毛が見える様に切ってよいですか?」といった感じですね。このお客さんは話すのが苦手なんだな、と感じた時にはそのお客さんの意思をかなり確認する必要があります。ですが元々話すのが苦手な人はきっと質問攻めにされるのも嫌うでしょう。できるだけ答えやすい形で質問をするのがポイントでしょう。カウンセリングと言うのは当然ながら、伝える方と聞く方の二人がいて成り立ちます。互いに納得のいくカウンセリングが出来る条件としては、互いに伝えたい事をつたえて、聞きたい事を納得がいくまで聞くことができる、という事です。ですが人にはそれぞれの性格があり、当然ながら「カウンセリングが得意ではない」というお客さんも少なくありません。つまり自分のやってほしい事を美容師に上手く伝えられないお客さんも多いのです。中にはヘアスタイルについてとても詳しく、自分でも一生懸命にリサーチして自分の思いをどうやって伝えようか、とかなりの準備をしてきているお客さんもいるものです。ですがそういうお客さんばかりではなく、むしろそういうお客さんの方が少ないと言っても良いかもしれません。性格的にもそもそも「人と話す事が好きではない」という人もいるかもしれません。ましてや美容師は他人です。初めて担当してくれた美容師にたいして自分の想いを伝える、というのはかなりハードルが高い人もいるのです。そういうお客さんを満足させることができるかどうかは、聞く側の美容師にかかっていると言っても良いでしょう。いかにお客さんからポイントとなる言葉を引き出す事が出来るか、という事がとても重要になります。