夏に向けてイメチェンを

夏に向けてイメチェンを

梅雨時期と言うのは鬱陶しいものですが、この時期を過ぎれば夏が来ます。日本の夏は梅雨を引きずっているかのように湿度の高い日が続きますし、近年の夏の熱さは尋常ではありません。ですから夏を出来るだけ快適に過ごすための工夫が必要になります。その一つにヘアスタイルがあると思うんですね。たとえばロングヘアの人は夏場は一まとめに括ったりお団子にして過ごす人が多いものです。それも快適に過ごすための工夫の一つですよね。ですから梅雨時期には行ったら夏になることを見据えて、思い切ってヘアスタイルヲ変えてみるのも良いと思うのです。梅雨の憂鬱な一日を美容室へいって思い切ったイメチェンの日にしてしまうのです。思い切ってベリーショートにしてみる、と言うのも良いかもしれません。それはただ身体的に快適になる、というだけではなく気分を変えることができる、と言うメリットも有ります。湿度が高いとどうしても気分もふさぎがちです。ですが思い切ってヘアスタイルヲ変えてみる事で、鏡に映る自分を見るとなんとなくこれまでの憂鬱な気分をリセットするような効果があると思われます。また周囲に対しても「鬱陶しいね」「熱いね」と言う話題ばかりではなく「ヘアスタイル変えたの?」「似合うね!」「どこの美容室?」と言った様な気分を変える話題を提供できる事でしょう。梅雨時にあえて美容室へいってみるメリットとして、自分の髪の毛の最悪な状態を美容師に診てもらう事が出来る、と言う事があると思うのです。特に日頃からクセ毛で菜やなんでいる人にとっては梅雨のじめじめした時期は髪の広がりやうねりの悩みがいちばん酷くなる時期だと思うのです。そういう時にあえて美容室へいって、その状態を美容師に診てもらう事で、日頃の髪の毛に対する悩みを解決する事が出来るかもしれません。美容師は髪の毛に対するプロですから、どういったケアをするべきかと言う事をよく知っています。これまで担当してもらっていたけれども梅雨の時期のクセが強くなる時期に来店したことはなかった、と言う人はぜひこの時期に川越の美容室はオーガニックで人気のカットとカラーへいってみるとよいと思います。美容師の方もお客さんがここまで悩んでいたとは知らなかった、という新たな発見があるかもしれません。そうなるとどうすればこの時期を快適に乗り切ることができるか、と言う事を美容師も一緒に考えて解決してくれる事になると思われます。それがきっかけでこれまでよりも梅雨の時期や夏場の暑い時期を快適に乗り切ることができるようになるかもしれません。美容師はそういう相談をされる事をとても誇りに思うと思われます。こんなひどい髪を見せたくない、と思うのではなくて思い切って相談してみるとよいと思いますね。