夏の肌の化粧水の使い方

夏の肌の化粧水の使い方

夏は乾燥肌に悩まされやすい季節といわれています。冬の乾燥肌のように表面からカサカサになった乾燥肌ではありません。肌の表面は皮脂や汗で潤っているのにその内部からは水分が失われたインナードライと呼ばれる状態の乾燥肌です。そんなインナードライを解消するためにはとにもかくにも肌に水分が必要になってきます。肌に水分を与える方法として一番手軽なものは化粧水です。スキンケアをするときに洗顔の後に化粧水を使うという方法が一般的ですが、化粧水ってどのくらいの量を使うと効果があるのでしょうか。化粧水を使うときにも決まった量があります。化粧水が少なければ肌には水分がいきわたりませんし、化粧水が多すぎてもだめです。肌には吸収できる水分の量が決まっているため化粧水を多く使っても効果は上がりません。化粧水が蒸発するときに肌に含まれている水分も一緒に蒸発してしまいかえって乾燥を招いてしまうこともあります。化粧水の使う量は個人差があります。人によっては水分をためやすい性質の肌とためにくい性質の肌があります。特に慢性的に乾燥肌に悩まされている人は水分を吸収しにくい肌となっているため化粧水の使いすぎには注意が必要です。始めは抑え目に使っていき徐々に浸透するような実感を得られるようになったら使う量を増やしていくようにするといいでしょう。化粧水を使った後には乳液でしっかりと肌にふたをして水分が逃げていかないようにしておいてください。夏の肌に必要なことはしっかりとした保湿です。湿度が高く汗をかきやすい季節に何で保湿が重要になるのかと疑問に思う人もいるかもしれません。夏に保湿が重要になるのは夏は乾燥しやすい季節だからです。夏特有のインナードライ肌は肌表面は皮脂に覆われていても肌の内部は水分を失った乾燥状態となります。そんな状態の肌を解消するためには保湿が重要になるわけです。インナードライと呼ばれる肌の状態になってしまう理由は、冷房が原因となったり、室内と室外の温度差や、皮脂の量、洗顔の回数といったことが原因になります。冷房を使う機会の多くなる夏は外では汗を大量にかき室内では汗をまったくかかないという状態になり体も環境にうまく適応できなくなってしまいます。そのためインナードライ肌になってしまうのです。べたつく肌を嫌がって何度も洗顔を行うというのもインナードライを加速させます。皮脂がどんなに分泌されていても洗顔のたびに皮脂がなくなっていくと肌からは水分が失われていき、取り除かれた皮脂は過剰な分泌で補われていくことになります。こうして肌の内部からは水分が失われて肌の表面には皮脂が過剰にまとわりつくということになるのです。インナードライは乾燥肌になります。そのため肌から水分を失わせないための保湿が特に重要となっていきます。皮脂が過剰に分泌されているところに保湿クリームを塗るということに抵抗がある人もいるかもしれませんが、保湿をしっかりとやるということは忘れないようにしましょう。岩槻 美容院