30代以降はナチュラルメイクを極めること!〜ナチュラルメイク=手抜きではない

30代以降はナチュラルメイクを極めること!〜ナチュラルメイク=手抜きではない

手抜きのメイクは、ナチュラルメイクではありません。
ナチュラルメイクとは、自然なメイクアップの事です。

 

がっつりメイクするのは、若い時ならいいものの、30台以降なら、年齢が上がるにつれて盛るのは痛々しく見えます。盛りたい気持ちはわかりますが、少しストップしましょう。勿論ナチュラルメイクが良いといっても、手抜き感が出てしまうようなメイクアップはおすすめできません。手抜き=ナチュラルメイクと勘違いしている女性もいますが、これも誤解でしょう。

 

30代以降の大人女子たちが気を付けるべきことは、メイクアップはきちんとしつつも、メイクをしていないかのように見せることです。難しく感じるかもしれませんが、これが若く見えるナチュラルメイクの秘訣でもあります。

 

それでは、30代以降の女性がメイクをする時、どのようなポイントに気を付けたらいいのでしょうか?
以下をご参考にしてみてください。
・ファンデーションはマットに仕上げる
・ポイントメイクよりもベースメイクを重視する
・目元のメイクは作り込みすぎない
・口紅は抜け感を大切にする

 

30代以降の女性は、肌がくすみがちです。そのようなお肌を奇麗に見せるためにも、自分にぴったりのファンデーションを選びましょう。丁寧に肌の色を作ります。肌色は、本来であればお肌に近い色みを選ぶのが基本ですが、転職は正社員の求人が横浜駅で若い頃からずっと同じファンデーションを使っているという人がいたら、注意しましょう。

 

お肌の色は年齢と共に変わってきます。肌の保湿力や皮脂量は変化していきます。
20代の頃と同様のファンデーションを使っていては肌に馴染まず、調子が悪くなってしまうこともあるでしょう。くすんで見えるなど、何からデメリットも大きくなってしまう可能性があります。オシャレにも身が入る夏がやってきました。ベースメイクがうまくいけば、若々しさがアップします。

 

30代以降の女性であれば、綺麗になりたい+少しでも若見えさせたいという願望がこめられているはずです。いつまでも若々しい女性に見られたいと思っている女性が大半でしょう。この場合、若々しいというのは、健康的で内面から生き生きと輝いて見えることです。いくら目がパッチリしていても、鼻が高かったとしても、肌がくすんでいてまぶたがどす黒く、クマだらけでは、あまり若々しく見えませんよね…。

 

肌全体で、若々しさが生まれます。

 

お肌は内面の美しさやその人の、健康状態をも映し出す鏡といっても過言ではないでしょう。そしてこの若々しさは、ファンデーションや化粧下地など、ベースメイクで演出することができます。簡単に言えば、若々しさを奪っている要因を、肌から排除していくことによって若々しさは取り戻せるのです。ファンデーションは厚塗り、粉浮きしてしまうほど老けて見られてしまいます。若々しいお肌に仕上げるためにも、保湿対策が必要です。ドライスキンにファンデーションを塗ってしまうと、必ず厚く粉浮きしてしまうでしょう。

 

しかし、もしもメイク前に美容乳液やライトなクリームを塗っておけば、下地やファンデーションが肌表面に薄く均一に馴染んで、滑らかで透明感のある仕上がりになっていきます。

 

朝にスキンケアをしていても、メイク前にもう一度保湿することが重要でもあります。

 

○くすみをカバーすると若々しくなる

 

30代をすぎてくると、お肌はくすみがちです。ファンデーションだけでカバーしようとしてしまうと、厚塗りになってしまいます。
しかし大人女子だからこそ、ファンデーションの厚塗りはよくありません。
そこで、ファンデーションの間にお肌のくすみを消すためのコントロールカラーという色つきの下地を使いましょう。

 

これはくすみをもたらす原因をとってくれる上、厚塗りに見えてしまう心配もありません。
ベージュピンク系のコントロールカラーもおすすめです。くすみをカバーしてくれると共に、お肌に透明感を与えてくれるでしょう。