シャンプーの男女差

シャンプーの男女差

シャンプーには「男性用」と「女性用」がありますよね。どちらも同じシャンプーじゃないか、と思っている人も多いかもしれません。わざわざ男性用を買うのは面倒なので、彼女や奥さんが使っているシャンプーを一緒に使っている、という男性も多いかもしれません。ですが男性用と女性用に分かれている理由と言うのは、きちんとあるんですね。それは細かく言えば一人一人の頭皮や髪の毛の質が異なるように、男女でも大きな違いがあるからなんですね。大きく分ければまずは持って生まれた皮脂量がちがっているようです。男性の方が皮脂量が多く、また男性の方が汗をかきやすい、という事も有ります。皮脂量が多い、という事は乾燥しにくい、という事になるので女性の髪の毛は男性よりも保湿をする必要性があるという事になります。逆に言えば男性が女性用のシャンプーを使うと保湿成分が多すぎて、もとから皮脂量が多いのにプラスしてさらに油分を加えている事になり、べたついたり毛穴をふさいでしまったり、という結果になってしまう様なんですね。ですから男性がシャンプーを選ぶ時には「皮脂を汚れを落とす」と言う効果があるシャンプーを選ぶべきなんですね。これが一般的に市販されているシャンプーの男性用と女性用の違いだと言えるようです。男性の皆さんはそもそも女性ほど自分の髪の毛に関して気を使っている人は少ないものです。ですがその油断が将来の男性の一番の悩みとなる、薄毛や抜け毛を招く結果につながっている様なんですね。ですから本当は男性こそヘアケアに気を付けるべきだ、と思われます。そのために大切なのは毎日のシャンプーです。自分の髪質や頭皮の状態に合わせたシャンプーを使う事が薄毛や抜け毛を起こしにくい頭皮にする、という事は意外に知られていないようです。そこで肝心になってくるのはシャンプー選びです。ところが多くに男性たちはそこまでシャンプーに興味がありません。遺影にあるシャンプーでいいや、とか、そういう事は奥さん任せにしていて家族と同じものを使っている、という男性も多いようです。ですが男性が女性用の保湿成分がたっぷり入ったシャンプーを使う事は、毎日必要以上に油分を塗っているのと同じことになります。油分で塞がれてしまった毛穴からは健康的な毛身の毛が生えて来ることが難しくなりますし、べた付いた髪の毛には汚れが付着しやすくなります。ですからきちんと男性用の成分の整った「男性用シャンプー」と使うべきですし、もしも家族と強要するならば、少なくともシャンプー後のトリートメントは不要です。トリートメントはシャンプー後の油分を補う物なので、男性にとってはそれ以上の油分は禁物だからです。池袋西口 美容院