志望動機

志望動機

どんな採用面接でも聞かれる質問が「志望動機を教えてください」というものです。一般企業でも同じですが、この質問が誰にでも課される、という事はこの質問には最低限応えなくてはならない、答えられなければアウトである、と考えるべきでしょう。ですからこの志望動機は?という質問に対していかに面接官に印象付ける答え方が出来るか、という事が勝負になると思うんですね。最近は面接に対しても「どの様に答えるべきか」といったノウハウが書かれた本が販売されていたりします。ですがそれを読んだ人たちが一様に同じ答えをするようでは面接の意味がありません。むしろ「あ、本の通りに応えているな」と思われたらそれでお終いでしょう。いかに印象的な答えを言うか、という事は、それが誰かの受け売りであったり、回答例としてどこかに書かれたいた答えであったりしてはいけない、という事ですね。そういう答えが言える、という事は、本当に心からその美容室で働くことを望んでいる人でなければ答えられない、と思うのです。人が見ていない所までこの美容室の詳細を知っている、どれだけこの美容室に足を運んだかが、解ってもらえるように話す事が出来る、といった事が面接官の心を打つものなんですよね。美容室のスタッフになる、という事はお客さんにとってはヘアスタイルやファッションにおいて見本や憧れの的となるような外見であることが求められることも有ります。それは顔立ちが良いとかスタイルが良い、という事では無くて常に「キレイにしよう」という気持ちがあるかどうか、という事なんですよね。そしてその「キレイ」の中にもその美容室の雰囲気と言うのがあって、出来るだけスタッフがその美容室の分に気に合わせたおしゃれをすることが求められます。たとえばナチュラル系を売りにしている美容室なのに、ひとりだけスタッフがハード系、というのはちょっと違和感を覚えますよね。ですから新しい人が採用面接に来た場合にはまずはその第一印象というのが自分たちの美容室とマッチするかどうか、という事を面接官や他のスタッフは直感的に判断すると思うんですね。そこで「この人ならこの美容室に馴染む」と思ってもらうためには、前もってその美容室のコンセプトは何なのか、スタッフの皆さんはどのようなファッションをしているのか、という事をリサーチしておくとよいでしょう。そしてもしもあまりにも自分が求める「キレイ」とは違う、と思った時には、それはその時点でその吉祥寺で人気の美容室は当日予約でカットがおすすめとは合わない可能性もあります。早い段階でその見極めが出来るのは良い事でしょう。