常に活躍できる場があるか

常に活躍できる場があるか

人が仕事を楽しい、辞めるなんて考えていない、と言う状況にあるのは、その仕事に対して常にやりがいを感じるからだと思うのです。やりがいと言うのは簡単に言えば自分が何らかの形で役に立っている、活躍出来ている、と言う状況だと思うんですね。そう考えるとそういう状況を経営者側が美容師やスタッフに提供し続ければその美容師やスタッフたちはずっとやりがいを感じながら仕事を続けることができるのではないでしょうか。そうは言っても美容師の仕事というのはお客さんの髪を切ったり整えたりすることでそれ以外にやりがいを感じさせることなんて出来ない、と思われるかもしれません。ですが美容室と言う所はそれ以外にも実際にはやるべきことがたくさんあります。たとえば集客もその一つです。もちろん自分が頑張って指名をとれば集客につながるのですが、それだけではなくお店全体としてどうしたらお客さんが来るか、と言う対策を立てる事も必要です。そのためのプロジェクトを経営者だけではなくアイディアのあるスタッフに任せてみる、と言うのも良いのではないでしょうか。たとえ普段は指名数の少ない美容師であっても、そういう場では力を発揮できる可能性も大いにあります。誰がどんな事に向いているか、と言う事を見極めるのがトップの采配の見せどころでしょう。柏でネイルやマツエクをするなら安くて人気のジェルで働くスタッフの離職率が高い事はもはや慢性化している状況で改善する、という発想すら無い美容室も有るかもしれません。ですが出来る事ならばすべてのスタッフが一生この美容室で働きたい、と思えるようなお店を作ることが経営者の理想ではないでしょうか。そのためにはどうしたら「この美容室で一生働きたい」と思ってもらえるのか、と言う事を現状を分析しながら考えていく必要があるでしょう。美容師と言えばお客さんの側から見ても若い人しかいないような気がしますよね。30代ぐらいまでの美容師はおおくいるかも入れませんが、40代、50代の美容師と言うのはあまり見かけたことが無いような気がしませんか。その年代のスタッフはすでに経営陣側になっている人しかいないような気がします。と言う事は、多くの美容師が30代になると退職を考えたり別のお店に映ったりする、と言う事になるのではないでしょうか。なぜその年代に退職者が集中するのか、と言う事を考えるにあたって、その年代の美容師が何に悩み、何を辛いと思うのか、と言う事を浮かび上がらせる事が必要でしょう。その年代の美容師やスタッフがその悩みをクリアする事が出来れば、一生働きたい美容室を作ることができるのではないでしょうか。