「やりがい」を感じられているか

「やりがい」を感じられているか

美容師と言う職業の遣り甲斐は何か、と言われたら「お客さんと接する事」「お客さんに喜んでもらえる事」という答えが多いのかもしれません。確かにそうかもしれませんがお客さんに喜んでもらう、という事は難しくも有り、そんなことは言っていられないぐらい忙しい日も有れば、喜んでもらえたと思ったのにお客さんにとっては当たり前だったり、と遣り甲斐とはかなり離れたものとなってしまっている事も少なくないでしょう。実や美容師と言うのはとてもクリエイティブな仕事である、とも言えるんですね。アシスタントの頃はシャンプーだけの担当だったりひたすらロッドを巻くのが仕事だったり、という日々が続くかもしれませんが、スタイリストとしてお客さんの担当を任されるようになれば、そのお客さんに対しては自分が一からヘアスタイルを作っていくことができます。お客さんがキレイになる姿に最初から最後まで携わることができる仕事なんですね。そこまで一つの事を任せられる仕事、というのはそんなに多くあるものではないでしょう。お客さんからの評価はその先にあります。担当する事になるお客さんの年代も様々です。色々な人達に対して自分のテクニックやセンスをすべて自分の采配とお客さんの希望とで作り上げていく、というのはとてもやりがいのある仕事ではないでしょうか。アシスタントの段階で辞めてしまってはその遣り甲斐を感じることなく辞めてしまう事に等しい事になります。美容室にとって生涯自分のお店で働いてくれる美容師、というのが理想的ではあるとしても給与面などを考えると若い美容師の方が良い、と言う事もやむを得ない事情なのかもしれません。中間層の美容師の給料が十分ではないのは経営上の理由が大きいのかもしれません。ですが中間層の美容師は結婚適齢期でもあり、やはり生活を考えるとその美容室の退職を考えざるを得なくなるのかもしれません。その美容師たちの選択肢として「美容師を辞める」という選択をするか「別の綱島の美容院を探す」という選択、もしくは「独立をする」と言う選択になってくると思われます。美容師を辞めてしまう、というのはそれまでの自分の努力を考えると躊躇する人も多い事でしょう。なんとか今よりも条件の良いお店を探す事になる美容師も多いと思いますが、ある程度ベテランになってしまっていると、それだけの働きをする美容師でなければなかなか中途採用にもありつけないかもしれません。残っている選択肢として「独立する」と言う事があると思われますが、実はこの選択肢を本心から望んではいないにもかかわらず「独立でもしなければやっていかない」と思ってまう美容師も多く、安易に独立したり店長になったりする人がいるようなんですね。当然のことながらそれぐらいの覚悟では経営を維持する事は難しく、結局別の職に就く人も多いのではないでしょうか。