時間がかかる

時間がかかる

新人のアシスタントさんがシャンプーを担当してくれた場合には、いつもよりもシャンプーに時間がかかってしまう事は避けられないでしょう。新人のアシスタントさんであればお湯加減一つにしても調整するのに時間がかかってしまう事は仕方のない事ですよね。髪が濡れた状態でいつまでもまたされてちょっと寒い思いをさせられた経験のある人もいるのではないでしょうか。そういった事は新人なのだから仕方がない、と思ってなんとか許せるものかもしれませんが、時間が思った以上にかかると言うのは人によっては困った事になることもあるでしょう。シャンプーと言うのは美容室でのスケジュールの中で一番最初に行う事がほとんどですから、その時間がずれてしまうと後のメニューもすべてずれ込んでしまう、という事になってしまいます。結果的に仕上がりの時間が予想以上に遅くなってしまう、という事になりかねません。もちろんシャンプーだけではなく美容室では色々な事が起こって途中で待つ時間が出来てしまったり、思った以上にパーマなどが浸透するのに時間がかかったり、という事が起こるものです。ですからむしろ新人さんのシャンプーが時間がかかってしまう、という事は予想できる事でもあります。そういう可能性があるときには後の予定に差支えない様に予約時間を考えなくてはなりませんね。

 

ヒヤッとする瞬間

 

新人のアシスタントがシャンプーを担当する時にお客さんがひやっとする事があると思います。それは「耳に水が入りそうになる」という時ではないでしょうか。実はこのお客さんの耳に水が入らないようにする、とか、お客さんの衣服を濡らさないように注意する、といった事がシャンプーをするプロセスの中で一番神経を使う様なんですね。特に耳に水が入ってしまう、というのは最悪の事を考えるとお客さんの聴覚に問題が生じるケースもあります。絶対に避けなくてはならない事と言えるでしょう。そしてこの「耳に水が入る」という感覚はたとえ自宅でシャンプーをしていたりお風呂で湯船につかっていたりするときでもヒヤッとするものですし、その時の感覚はとても不快なものですよね。自分でやってしまった場合にはある程度瞬時に覚悟ができているのでその不快感も受け入れる事が出来ると思うのですが、人にシャンプーをされている時と言うのは、不意にその不快感が襲ってくると言う感じになってしまいますよね。ですがいくらそういう感覚がしたからと言ってシャンプーをされている最中に飛び起きる訳にも行きません。新人アシスタントのシャンプーあるあるだ、ともいえるでしょうね。時には「水が入ったじゃないか!」と怒るお客さんもいるかもしれませんが、多くの場合は「新人だから仕方がない」と苦笑するだけで終わるお客さんが多いのではないでしょうか。

 

ピックアップ !!

 

【低価格+高技術=大満足】が叶う
蒲田にある美容院
『高技術』で『低価格』のサービス
横須賀にある美容院
おもてなしをお手頃価格で何度でも体験できるサロン
自由が丘にある美容院